年会費無料のクレジットカードの弱み

とりあえず1枚は持っておこうかなくらいの考えで、年会費無料のクレジットカードを申し込む方はいると思います。
しかし、年会費無料であっても初年度のみであったり、一定の利用額に達さないと年会費が発生したり、年会費以外のところで費用がとられていたり、と一筋縄ではいかないことがあります。
年会費無料のクレジットカードは確かに使い勝手が良いですが、前述した「条件付き」以外にも弱みは一応あります。


<必ずしも年会費無料のクレジットカードがお得なわけではない>

ほとんどのクレジットカードは、ショッピングなどの支払いに用いることでポイントがたまるサービスを行っています。
この購入した金額の数%がポイントで返ってくるわけですが、この時の返ってくる%を還元率といいます。
カードを用いた支払いが多額な方は、年会費有料でも還元率が高いカードを使うことで結果としてより得になることもあります。


<使う金額によってお得感は変わってくる>

一般的なクレジットカードでは、年会費有料の還元率は1.5~2.0%、無料の還元率は1.0~1.25です。
なんだ、たったの0.数%じゃないかとお考えの方もいらっしゃると思いますが、年間利用額が50万を超える方にはお得に差が出始めるのです。

{ Comments are closed! }